1. 旅チャンネル トップ
  2. 自由編集テスト
  3. #4 徳島ラーメン

#4 徳島ラーメン


#4

徳島ラーメン

 
 
  
四本目は徳島に行ってきました!
甘い感じがするラーメンが多いと聞きましたが、僕の行った店はそれほど感じませんでした。
徳島の印象は?と言いますと、やはり阿波踊りですかね。
街のあちらこちらに阿波踊りの銅像やオブジェがありました。
きっと阿波踊りの祭りの日には物凄い賑わいになるのだと思いますが、残念ながら僕が食べ歩いた日はとても静かな休日でした。
『阿波踊り』に因んでか阿波尾鶏という地鶏のメニュー看板をよく見かけます。
話の種にと思い、夜に食べたのですが、昼間ラーメンを食べ過ぎてお腹がいっぱいになっていたためか味はよく覚えていません・・。|(-_-)|
ラーメン道の収録日の夜はいつもなんですよねぇ。
なるべくラーメン以外の名物も味わいたいと思ってるのですが、気が付くとお腹いっぱいで食べれないんですよ、これが。
ラーメン恐るべし!
 
 
 
 

colum1-1.jpg

colum4-2.jpg 

さて一軒目「いのたに」さん。最初のお店からラーメンとライスを頼んでしまいました。
なんだか食券機が、この店はラーメンとライスを食べるのが常識、といった感じに訴えかけてくるもので・・。しかもまたこれがチャーシューが濃い味付けでライスに合うんですわ。
昔、炭水化物の取りすぎは心臓に負担かけるから気を付けたほうがいいよ、と誰かに言われたような気がしましたが、まだまだ夢見る三十歳。そんなのお構いなしにガッツリいきました。

colum4-3.jpg
colum4-4.jpg

河相我聞のラーメ道コラム

colum4-5.jpg
colum4-6.jpg

 

この日、初代の店主がお店にいらっしゃったので、いろいろお話を聞かせていただきました。
常においしいラーメンを作るために毎日試食をしていたそうなので、健康はいかがですか?なんて事も。
何だか気になるんですよねぇ。まぁ、味にはまったく関係ない話しなんですがね、何十年もやられてるとラーメンばかり食べる日あるだろうから体も壊しがちになるのでは・・、と。
そしたらびっくり!
大きい病気はしたことがないとおっしゃるではありませんか( ̄□ ̄;)!!
何度も聞き返しましたが、そのようでした。
この番組をやらせていただいてからラーメンをいろんな場所で食べることが多くなり実は心配だったんですよねぇ・・。
店をやっていたときより食べているんで。
これを聞いて少し安心しました。

この店の味はといいますと、有名店だけありますねぇ、ガツンときながらほどよい濃さで個人的に好きな部類にはいります。

さて二軒目は「銀座一福」さん。
まあー、この店の店主が気さくな方でして空き時間に店の前でお茶してしまいました。
店主のご馳走で・・(;^_^A
しかも色々話していただきまして、えー、例えば、儲かってた時のお金の使い方とか・・税金の事だとか・・。
いやいや、そういうことばかりではありません、この店のワンタンが美味しかったので聞いたら、作り方を全部教えてくれました。
(◎-◎;)
ここではちょっと言えませんが・・。

ラーメンの味は最近の若者に合わせて味をかえているそうで、僕的にはグルタミン的なものが強いといいますか、なんといいますか、しかしワンタンは好きな味でしたねぇー。

colum4-7.jpg

colum4-8.jpg

colum4-9.jpg
colum4-10.jpg

colum4-11.jpg

 

三件目は「屋台ラーメン峰太郎」さん。
ここは、普通に食べていたらわからないことが多い店です。
厨房に入れていただいて作り方をみたらビックリしました。
まず、厨房は一人でやっています。
三十ぐらいの席数だと思いましたが、それを一人で厨房をこなし、さらにとんこつスープを少しでもなめらかにするために四回ぐらい、濾しています。
一、二回濾すのはよく聞きますが、一人で四回も濾すなんて、どんだけ手間暇、愛情かけてんのよ!って話です。
しかもライスはその時々美味しい米を仕入れているようで、ラーメン店ではありえないくらいのバカ旨さ!
コストを考える経営者ならひっくりかえりそうな考えです。
ライスというサイドメニューまで一人で愛情を注ぐ店主はおそるべし(;-_-
味はとんこつだし、もやしが沢山なので大味に感じるんですが、いやいやこれが、じっくり味わうとたしかに大味の中にも繊細さがあるんです。

他にも色々凝った事をしているのに、それをうたっていないし・・・。いやーなんだか物凄い店主です。
グルタミン酸を使わないでコストのかかる、アミノ酸やイノシン酸みたいなものを使っているのも、お客さん思いなんですよねぇ。
あ、ちなみに化学調味料の種類でして、安いものほど体にやさしくないと言われています。

徳島のラーメン、かなりの発見がありました。
では、今週はこのへんでさよなら、さよなら。

colum4-12.jpg

colum4-13.jpg

"