1. 旅チャンネル トップ
  2. 海外
  3. まだ見ぬスペイン 古の都巡り8000キロ
  4. まだ見ぬスペイン 古の都巡り8000キロ #10
まだ見ぬスペイン 古の都巡り8000キロ #10  ~イスラムの煌き・後ウマイヤ朝の首都コルドバ~

旅は、今回からスペイン南部アンダルシア地方を訪れます。まず訪れるのは、かつての後ウマイヤ朝の首都コルドバ。
10世紀に繁栄の頂点を極めたこの古都には、1000年の時を経ていまなお、メスキータやユダヤ人街をはじめ、在りし日のイスラムの都の繁栄を伝える建築物や街路が遺されています。
■ 迫田先生のスペインクイズ
Q1 答え
まだ見ぬスペイン 古の都巡り8000キロ まだ見ぬスペイン 古の都巡り8000キロ
コルドバは、メスキータがあるためにヨーロッパのメッカと呼ばれました。では本来のメッカとはどこの国にあるでしょう? サウジアラビア
メッカ(マッカ)とはサウジアラビア・マッカ州の州都でここに世界最大のモスク『カアバ神殿』がある。
Q2 答え
まだ見ぬスペイン 古の都巡り8000キロ まだ見ぬスペイン 古の都巡り8000キロ

イスラムの人々は本国から学問の知識として、インド文明、ペルシャ文明のほか、もうひとつある文明を持ち込みました。彼らが「知識の宝庫」を呼んだその文明とは何でしょう?

ギリシャ文明
Q3 答え
まだ見ぬスペイン 古の都巡り8000キロ まだ見ぬスペイン 古の都巡り8000キロ

12世紀に活躍したユダヤ人の哲学者・マイモ二デス。彼のもうひとつの職業は何でしょうか?

医者。マイモ二デスは白内障の手術を行うことができたといわれている。
■ 迫田先生の補習授業
アンダルシア <アンダルシア>

アンダルシアの地名は、5世紀頃この地に一時的に定着していたヴァンダル族の名前に由来するとされる。元々アンダルシアは『Vandalsia』と綴った。

セネカ <セネカ>

古代ローマ帝国の皇帝ネロに仕えていたセネカは、
ネロの暗殺計画に加担したと疑われ、死を命じられた。

メスキータ

<メスキータ>

アブドラマーン1世が故郷ダマスカスの大モスクを回想して建立した。
当時宗教だけでなく、政治の役割も司っていたと言われる。

スポンサードリンク

 

 


SNS

On Air Schedule

今月の放送予定はありません

視聴方法